スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロの事思い出して。

2008-09-06-Sat-21:59

ご訪問ありがとうございます。


ワタクシ、その存在を知らなかったんですが、
先日深夜にテレビのチャンネルを色々替えていて
偶然見つけたんですけど。

「いぬのえいが」という作品。

見つけた時は、時すでに遅し、
ほとんど終わってまして、
どうやら映画自体は短編の作品が何本か
組み合わさって出来ているモノみたいなんですが
その最後の1本だけ観る事が出来ました。

ここに来てくださる方は、
ワンコ好きな方が多いと思われますので、
その映画は知ってて当然なのかもしれませんが、

ワタクシは全く知りませんでした。


ワタクシが観た作品は、「ねぇ、マリモ」という短編。
涙が溢れて止まらなくて、
しばらく号泣してしまいました。

観た事のない方の為に、ご紹介しましょう。
※音は出ますが、基本的には優しい音楽が流れるだけです。



ワタクシはこれを観て、小さい時に見送った、
実家の先代犬、コロの事を想いました。

コロもパリスと一緒で、その当時で言うところの
雑種、でした。
ただ、パリスと違って中型犬で
子供のワタクシにとっては大きなワンコでした。

ワタクシが生まれた年、すぐ近所で何軒も全焼する火事があり、
放火だった可能性があった事から、
心配した父が、「番犬」として迎えたのが
コロだという事でした。

コロ


だから、ワタクシが物心ついた頃には、
コロはもう大人でした。

両親の「番犬」にって思惑に反して
コロは比較的大人しい子だったように記憶しています。

コロの側でコロに背を向けて
何か作業していた母の背中に向けて
おしっこをかけちゃう、そんなちょっとオカシイ子でした。

母とコロ


母にマーキングしたかったんでしょうかね?


そんなコロが死んでしまったのは、
ワタクシが小学生の時でした。

朝起きた時には、もう冷たくなっていて、
誰にも看取られず、ひとり旅立ちました。

今でも、あの時見たコロの姿は目に焼きついています。

外犬だったコロ、自分の小屋にもたれかかるように、
多分苦しまず逝ってくれたんだろう、
そんな顔をしていました。

コロがいった日


生まれて初めて体験した、「死」。
ワタクシは実感できず、学校に行きました。

そして、数時間の後

休み時間中、突然に涙が溢れて止まらなくなりました。

もう、会えないんだ。

それが、ワタクシが初めて知った、
「命の重み」でした。

コロに教えてもらったものは、とても大きなものでした。


その後、ワタクシには死にたいくらい苦しい事もありましたが、
この、コロに教えてもらった事はワタクシを支え続け、
今なお、ワタクシの中で
温かく生き続けているように思います。


子供時代に触れ合う命って、
こんな事も教えてくれるんですよね。








<ランキングに参加しています。>
人気ブログランキング←だから、今ここに在る命も

絵日記ランキング←精一杯、大事にしたいんです。
1日1クリック有効です♪
応援お願いいたします(*´∀`)人

COMMENT



こんばんは~^^

2008-09-06-Sat-23:08
「ねぇ、マリモ」観させていただきました。
私も号泣きしてしまいました。(泣)
小さい頃、祖父の家で雑種の犬を飼っていたのですが(名前は、ちび)、いろいろと病気をしていたのですが最後は病気ではなく車にはねられて私が中学に入学した日に亡くなってしまいました。
電話で連絡をうけた母から、そのことを聞かされたとき本当に悲しかったな~。
頭が真っ白になって……その後の記憶があまりないんですよね。
一緒に暮らしていたわけではないですけれど、夏休みや冬休み期間中はずっと泊まって遊んでいたので「ちびのいない祖父の家」は考えられなかった。

命の重みって、大切なものをなくしたときにはじめて知るものなのですよね。

2008-09-06-Sat-23:14
この映画 知りませんでした 
映画をみた後 涙がとまりません

愛する愛犬と一緒に暮らしていて
いつか経験するだろう 別れ が
まだまだ ずっと ずっと 長い先であって欲しい

そう 願います

でも 愛犬の命が 私たちの命より短いもので
あるという事実・・・・

とても辛くて 寂しいことだけど はちみつココアさんのコロちゃんが いまでも はちみつココアさんの心の中で
生きつづけているというメッセージが私の心の中にも
温かく 広がりました

はちみつココアさん ありがとう





2008-09-06-Sat-23:18
いま、涙なみだな私です。
心配してラルフが近寄ってきてくれました。
私が泣くと、いつも側に来てくれます。
そして、涙を舐めてなぐさめてくれます。

でも、今日は悲しい涙ではないとわかっているみたいで、
そっと膝に乗ってきて甘えています。

「いぬのえいが」見たことがあります。
当時もボロ泣きしました。
また、ボロ泣きです。

コロちゃんが旅立った日のココアさんのキモチ。
痛いほど分かります。
そして今でも支えてくれているということも。
ワンコって偉大な存在ですよね。

ふぅ~。泣きちゅかれた(笑)

2008-09-07-Sun-01:06
以前に次女と映画館で見ました。
帰りに二人とも目が腫れてひどいことになりました。
前の方は、コメディーや風刺や悲しいお話と
盛りだくさんだったように思いますけど
やはりコレが一番泣いたゎv-406
(脱線しますが宮崎あおいちゃん、オトナになりましたねえ。)
それと、コロちゃんを見送ったときのココアさんに
涙が出てきました。
私、幼稚園から中学まで飼ってたスパニエルが
逝ったときの記憶が消えてしまいました。
母は、私が大泣きしすぎて困ったと言ってますので
防衛本能で記憶を消しちゃったみたいです。

2008-09-07-Sun-08:49
やばいくらい号泣です…
ワタシも子供の頃から飼ってた実家のポメが
亡くなった時のこと思い出しちゃいました。
つらいことだけど、いつかは必ず死んじゃうんですよね。
でも、だからこそ生きてるあいだに
めいっぱい愛したいと思いました。
はぅー…朝から目がはれぼったいわ。

ねぇ、マリモ

2008-09-07-Sun-09:50
感動しました
「犬の十戒」という詩を思い出しました

http://somalism.net/tencommandments.html

うちはチワワ(チョコタン、ロング)1匹だったんですが
双子のもう一方がショップで売れ残ってるのを見て
かわいそうになり、そっちも買取り(ブラック&ホワイト)

そしたら、ショップのオーナーが、売れ残ったチワワが
出るたびにうちに買取を打診してくるようになり
ついつい引き取って今や4匹
(実は他の犬種もいるんですが、これ以上しゃべると
リアルなワタクシが特定されるので...
近所じゃ有名な犬ばか夫婦で通ってます)

ショップで売れ残った犬たちは、最悪保健所行きに
なる場合もあるので、かわいそうでなりません


ハッチーさんの犬好きのこころがよく分かる記事でした
また、楽しみにしてます


うぁ。。

2008-09-07-Sun-12:00
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。うぉおお。。

昼間っから泣かさないで下さいよ。。

僕も昔お婆ちゃん家で住んでたケン君を思い出しましたよ。

そうですよねぇ。。
小さい頃の命との触れ合いのお陰で、
今の自分があると思います。

死んじゃった時、とても悲しいから犬と一緒に暮らすの嫌だという方もいらっしゃると思いますが。。

僕は、今爛丸と暮らせてとても幸せですし、

後悔しないように精一杯愛してあげたいと思っています。

いつかは悲しい日を迎えることになると思いますが、
出会う事自体が必然だったように、私にとって
この子との出会いは私の人生の一部だと思いますし、
私が生き続ける限り、この子と一緒にいられると思っています。

だからこそ、一生懸命生きないといけないんだと思います。

多分、後悔しないで毎日を大切に暮らしていたら
悲しい日も元気に乗り越えられると思うんです。。

今日も愛する爛丸と一緒にいられる幸せを感じられて
本当に幸せですよ。(*´∇`*)

悲しい事よりも、楽しい事を考えて生きましょう!

たまには命と向かい合う事も大切ですけどね。。

p(´∇`)q 元気で行こう♪

2008-09-07-Sun-16:14
v-406泣いて泣いて泣いてたまりません。
もうすこしうちのダックス大事にしなければね。

ココアさんはやっぱり、ただの明るい人ではなかったのですね。乗り越えた何かを感じてました。

ますます、見直しました。

私の心も癒されますようにお願いします。v-421

コメントありがとうございます**

2008-09-07-Sun-21:42
i-264ミラさま。
ちびちゃん、残念だったですよね・・・。
そういう失い方だと、何と言うか突然過ぎて
心の準備もできませんし・・・。
でも、年とって弱っていっても、心の準備なんて出来ないんですけど。

命の儚さ、尊さを実感するって辛い経験ですけど、
それから得られるものだってあるんだと思います。





i-264しーサマ。
普段は考えたくないですし、そういう悲観的な気持ちを持って
ワンコ達と暮らしていきたくはないですよね。
でも、ワタクシはコロ以外にも実家のワンコ2ワンが
虹の橋を渡ってしまって、経験せざるを得なかったです。
ただ、母に愛された実家のワンコ達は、
すんごい幸せだったなーって思いますし、
きっと、母の事、守ってくれてると思います。
ワンコって愛した分、返してくれるんですよね。
多分、虹の橋渡った後であっても・・・。






i-264nozさま。
ラルフ君、さすがです。
お母さんの気持ちを温めようとしてくれたんですね。
パリスはしてくれません。(笑)
きまぐれ屋さんなのです。(泣)

この映画、ご覧になられた事あるんですね。
1度観ていても、この短編には涙でちゃいますよね。

コロは、本当にワタクシにとって「命」を教えてくれた子でした。
終わりがあるから、大切で重くって素晴らしいものであると。
絶対に粗末にしてはいけないという事も。






i-264すいかサマ。
映画館で観られたんですね!
きっとワタクシが映画館で観たら、目がどこにあるか
分からなくなるくらい腫れあがってしまっていた事でしょう。(笑)

宮崎あおいちゃん、今じゃ「篤姫」ですもんね。
この映画も初々しさが素敵ですよね。

記憶が飛んでしまうくらい、ショックだったんですよね。
女性は種の保存のために出産の痛みも忘れるように
なっているって聞きますが、それのようなものでしょうか。
心が壊れてしまうのを、身体が拒否したのでしょうね。
それに、スパニエルちゃんが守ってくれたのかもですね。






i-264メルママさま。
子供時代の体験としては、かなりツラ過ぎますけど、
そこから学んだ事も沢山ありました。
今思うのは、経験してよかったんだという事です。
それは、ずっと一緒にいられたらもっと嬉しいんですけど、
儚いものだからこそ、慈しむ事を自然に覚えたと思うのです。
命は何にも代えがたい、奇跡の賜物なんですよね。







i-264酔虎さま。
「犬の十戒」、改めて拝見しました。
映画はまだ観ていません。
DVD待つって最初から決めてました。映画館で観るとしばらく
目が腫れあがって立ち上がれそうにないので。(汗)

酔虎さん、チワワちゃんと暮らしてらっしゃったんですか!
・・・なんだか、意外です。(笑)
もっとこう、でかくって、グレートデンでしたっけ、
ああいう感じのワンコのイメージでした、勝手に。(汗)
(「虎」って漢字のイメージが強いからでしょうか?)

やっぱり売れ残ったワンコはそうなる子もいるんですか・・。
どうなるのか、気になっていました。
人間のエゴの為に失われる命もあるんですよね・・・。
本当に辛く悲しい事ですね・・・。






i-264ゼルオさま。
子供の時に触れ合う命って、本当に偉大でした。
何があっても乗り越えなければならないのは、
この命が奇跡であるから、そうコロから教えられたと思います。

小さな命が、大きな事を教えてくれたんですよね。

ゼルオさんはいっつも爛丸くんに精一杯の愛情を
示してあげてて、本当に幸せなんだって思っている事も
とってもよく伝わってきます。
幸せを感じられるって事こそ、幸せですよね♪

ワタクシ、けっこうマジメな事も書きますが、(笑)
基本的にアフォなんで、元気です♪(*´∇`*)






i-264お菓子やさん。
ニャハハ・・・ただの明るい人ではないって、
褒めてくれてるんですよね?そうですよね??(笑)

うーん、そうなんですよね、確かに
「乗り越えた」んだと思います。
今となっては、あれでさえも無くてはならなかった経験だったのかも
と思える自分がいます。
そのおかげでワタクシは強くなりましたし、
何より、「人に優しく温かくありたい」という”芯”が出来ました。

お菓子屋さんにも、あったかい光が見えますように・・・。

2008-09-08-Mon-02:02
私は「死」というものに、あまり悲しまない人なんです。
祖父の死も、祖母の死も母の死も父の死も・・・捨て猫を拾ってきて育てた二匹の愛猫の死も・・・天国で幸せでいるだろう・・・って冷静なんです、昔から。泣いたことないんです。
今、私は犬が飼いたいのですが、マンションの規約が変わるのを待っている状態です。規約に反して飼っていらっしゃる方もいるのですが、私は規約が変わるまで飼いません。
犬を飼ったら、ブログ辞めちゃうと思う。
なんの犬種にしようかな?って・・・
主人はヨークシャー・テリア
私は頭の回転が速くて優しい子がいい・・(主人と同じだわ笑)
息子はフェレット(ん?犬じゃないぞ?)
夢見ています。
幸せなの、いつかきっとねって。

コメントありがとうございます**

2008-09-08-Mon-15:41
i-264mimiさま。
そうなんですかッ!
・・・なんかスゴイなぁ。「幸せでいるだろう」って思えるのって。
確かに、残された人が亡くなった人たちの事を想って泣くのって、
残された側のエゴなのかもしれません。
「もっと一緒に居たかった。もう会えないなんて。」ていう想いで。
ワタクシには泣かない日は来ないと思います。
ずっと、ずーーっと根に持ちますから。(笑)

ワンコ、いつか飼えるといいですね♪
でも、もしブログ辞めちゃったら淋しいです。
「犬ロガー」に転身してください。
女将を一緒に恐がらせましょう。(笑)

2008-09-08-Mon-19:03
映画館で夫婦揃って観ました。会場の人みんな号泣で明るくなっても席を立つ人がいなかったですよ。
たぶん、みなさん犬を飼っているか、過去に亡くした人だったのでしょう。先週モンが体調が悪くなり、死ぬのじゃないかと恐怖でした。きっと臆病だから三途の川の手前でUターンしてきたのだと思います。北島康介に負けない泳力があるはずなのにね。
少しずつ心の準備もしておかなくちゃと思いました。

コメントありがとうございます**

2008-09-09-Tue-22:47
i-264ブルーなビッグママさま。
やっぱり観に行くとそうなりますよね~。
ワタクシも間違いなくそのタイプですので、
「犬の十戒」も観に行く事ができませんでした。

モンちゃん、無事でよかったです。
あの舌チロ姿には本当に癒されますもんね。
北島康介と戦ったくらいですから、
きっとまだまだ戦っていてくれますよね。
それに、
本当のとこは、心の準備なんて出来ないですよね・・・。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。