FC2ブログ

カッパに泣いた夜。

2009-06-19-Fri-21:12
昨夜、アニメ映画「河童のクゥと夏休み」
テレビで放送されたので、観ました。

映画の存在は知っていて、興味はあったのですけど
観る機会を逃してたので、良かった~と思いながら観ました。


以前にもジブリ映画を好きって話を書いた時にも言ったのですが、
ワタクシは、アニメ映画で描かれる、初夏の雰囲気が大好きで。


あの、ムワーと暑い日差しに、
セミの鳴き声、キレイな川や海の優しい水の音、
風が通り抜ける、ザワーって音。

パリス




子供時代の、優しい時間を思い出して
幸せな気持ちになります。

夏休み、ラジオ体操から帰って
古い家のひんやりする台所にお母さんと一緒に座り込み、
そら豆か何かのスジを取る作業をした事を
昨日の事のように思い出します。


ワタクシの生まれ育った田舎の町は、
「河童の里」として有名で、
そんな生い立ちからも、この映画はぜひ観てみたいものでした。


これから観る人や、これを読んで興味を持ってくれる人のために、
映画の内容は具体的には書きたくないのですが、

とっても素敵な映画だったとは言いたくて。


アニメ映画で、小学生が主人公だと
子供向けってイメージですけど、
大人に向けてのメッセージもたくさん盛り込まれていました。
でも、押しつけがましさはなく。

はちみつと河童




胸が痛くて、涙が溢れるシーンもあって、
マスコミの加熱報道なんかにムカムカきたり、
社会の色んな問題を、考えされられました。


そして、河童のクゥの可愛さに、癒され笑って。


クゥの言葉に、感動したり。


クゥは子供の河童ですけど、普段忘れがちな事を
人にそっと教えてくれる存在でした。


ワタクシが好きだったクゥの言葉は、

「川の神様、オラが生きていくだけの
 魚を捕ることを、お許しください。」


という、川の神様への許しを請うセリフ。


必要以上に捕って、多くのゴミを出す社会に生きるワタクシ達に
クゥは自然の有難みを教えてくれたのではないでしょうか。

パリスと庭




すっかり、河童の虜になってしまいました。(*´ェ`*)



観終わった後、爽やかな感動が残る、
そんな映画でした。

機会があれば、ぜひ。







<ランキングに参加しています。>
人気ブログランキング←すっかり河童に泣かされて、

絵日記ランキング←今朝は目が腫れてました。(笑)

いつもありがとうございます~♪
励みになります~(*´∀`)人
スポンサーサイト



HOME