FC2ブログ

実家の怪、姉編。その1。

2008-05-06-Tue-15:56

ご訪問ありがとうございます




さて。お待たせいたしました。

ついに、「実家の怪」シリーズ祭、本番です。
「はちみつ編」でいっぱいいっぱいだった方は、
速やかに「ランキング」だけポチして、(ちゃっかり。)
お帰りください。 (v`▽´)v ゲヘヘ、ホンジャ、ハジメルヨ!


わたくしがコノ話を聞いたのは、わたくしが実家から出てからの事です。
怖がらないように、それまで姉は内緒にしてくれていたのでしょう。


以下は、はちみつ姉が経験した、実家での実体験です。


画像はサワヤカに。


姉が最初に出くわした「何か」は、姉が中学2年生の頃でした。

前にお話した通り、はちみつ実家は大正築の大変古い建物です。
ゆえに、部屋自体はとっても広いモノです。

姉の部屋は2階 (後に姉妹の部屋になる。)にあります。
間取りは、こんな感じです。

はちみつ実家間取り図.


後に姉妹2人の部屋になる為、
この頃 姉は2つの部屋を勉強部屋と寝室として、
分けて使っていました。


その日。


姉はいつものように寝室のベッドに寝ていました。

すると、なぜか、パチッと目が覚めました。



ふと、聞こえてきたのは、
階段をかけ上がってくる、足音。


階段の足音




姉 「お母さんが、ちゃんとヒーター消したか見にきたのかな?」


と少し身体を起こして、思った時。


部屋と部屋を仕切っている、ふすまが 開いているのに
気がつきました。


姉 「あれ・・・?閉めたはずなのにな・・・。」

サワヤカにごまかす。



と、思った瞬間でした。


目に見えない、「何か」に、
ベッドに身体を、ガバッ!!っと押し倒されたのです。


そして、金縛りに・・・。


初めての出来事に驚いた姉が焦っていると、
耳元で、何か「バンッ」と言う音がしました。


その瞬間。

目に入ってきたのは、


自分の足が、身体から抜けていく様でした。


あくまでサワヤカに。


驚き焦った姉、金縛りで声も出ませんので、
必死に心の中で祈り、懇願しました。


姉 「ゴメンなさいッ!助けてくださいッ!!
   もう悪い事 しませんからーーッッ!!!」



幽体離脱は、足から抜けると、
二度と戻れない、という話があります。


姉は、必死で祈り続けたそうです。



すると、身体は完全に抜けてしまう前に元に戻り、
金縛りも解けたのです。





これが、姉が経験した、最初の怪事件です。


どうです?
はちみつ編なんて、子供騙しだったでしょう?









↓まだあるよ、姉編。(。-∀-)聞きたいならクリックしてくり。
fc2人気ブログランキング
ランキングに参加しています♪
パリス
スポンサーサイト



HOME