FC2ブログ

今日もフィギュアで泣く。

2008-03-21-Fri-22:56
もともとユルメだった わたくしの涙腺。
20代半ばあたりから、ネジがなくなったらしい。ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

最近じゃ、泣けるドラマは涙で見えないし、
泣かせるつもりがなさそうな場面でも、ウルウルしている。

困った涙腺である。(-ι_- )


今日も、ネジは外れていたらしく、
また、女子フィギュアスケートで、泣いてしまった。

トリプル・ルッツ!!


何がそんなに泣けるかっていうと、
やっぱり選手達の頑張っている、あのひたむきな姿。

今回、安藤選手は残念だったし、かわいそうだったけど、
それでもやっぱり、
わたくしなんかからすると、
何一つ成し遂げていない、こんなわたくしからすると、

戦う姿勢は、キレイでカッコイイもんだ。


真央ちゃんの転倒はニュースですでに知っていたのに、
会場と一緒になって悲鳴あげてしまったし、
その後の素晴らしい演技には感動だった。


パリバウアー


中野選手の完璧な演技にも、鳥肌がたつほどだった。


そして、わたくしが毎度のように感動する事のひとつに、
会場のお客さんの温かさがある。


今回も、日本人選手の3人や、銅メダルだったキム・ヨナ選手など
開催されたヨーロッパ出身でない選手がたくさん。

残念ながら、テレビでは全選手の演技を見られるわけではありませんが、
上記の選手たちは上位なので、
直前練習からほとんどの場面が放送されます。


パリスマン・スピン!


会場のお客さんたちは、自分の出身国の選手でなくても、
惜しみない拍手を贈るし、

今回 完璧な演技を見せてくれた中野選手には
スタンディング・オベーションでその演技を称えた。


わたくしが、フィギュアスケートを好きな理由には、
これがあるのです。


スポーツでありながら、芸術でもある感じ。


色んなドラマがあるフィギュアスケート、
これからも わたくしの涙腺ダルダルにしてくれる事、
間違いなし。。:+.(p∀`).+:。









↓涙で見えなくても、このへんクリックしときましょう。(σ→ˇ∀←)σ
ランキングに参加中♪ 
スポンサーサイト



HOME